« July 2005 | Main | September 2005 »

2005.08.26

健康で明るくご飯とセックスが好きな男と結婚したい(英田柚有子)

あたまわるそう・・・。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.22

もういちど愛について

辰巳泰子さんについてもっと知りたかったのと、
枡野さんの記事の切羽詰まったような感じが気になっていて、
絶対無理だと思っていたけれどさいごに何とかなったので、
20日のトークショウに行ってきました。

感じたこと。
枡野浩一さんにはわたしたちなど必要でないように感じました。
(わたしが自分の無力を感じた、というのが正しいかもしれません。)
それなのに、気を遣わなくちゃいけないので疲れてしまっているようでした。
たとえば、特定の人をひいきしたいということ。
枡野さんが評価する歌を沢山つくる人が同じ人であるなら、
気になるのはあたりまえだし、好きな歌を選んだときそれを作ったのが
同じ人になってしまうのもあたりまえのことだと思う。
その人の感じ方や表し方が好きだということだからそういうことになると思う。
ひいきと言ってしまうとちょっといやな感じになってしまうけど、
それは誰もそうだと思います。
わたしはお眼鏡にかなわなかったんだ、と悔しいことはあっても、
ひいき許せないという気持ちにはならないです。
言い方のことも、どんなに優しく言っても反感を持つ人はいると思います。
そういうのが全くない場所になったら素晴らしいけれど、
辰巳さんが仰るように人が集まる以上難しいと思います。
枡野さんは、嫌なものも見ないでいることはできないのですね。

人が集まることで起きるもろもろの嫌なことにうんざりしていて、
でも人が離れていくのはいやなのかなとも思いました。
枡野さんは、わたしが歌を詠むようになったきっかけであり、
歌を詠むときのよりどころであり、わたしにとっての灯台のような人だけれど、
あんなに疲れた様子の人をこのまま働かせ続けて大丈夫なのかしらと思いました。
いまもし「かんたん短歌blog」が無くなっても、わたしはやはり枡野浩一の活動を追ってゆくと思います。
選を厳しくして、投稿数を制限して、あるいは更新頻度を極端に落として、それで枡野さんが少し楽になって続けていけるのなら、楽しみに通い続けると思います。
枡野さんがどちらを選んでも、離れていく人は離れていくし、
見ている人は見続けると思います。
だから少しでも楽になるように、好きなようにしていいと思う。
続けてゆかれるのならば、選を思うさま厳しくしたりすることに遠慮はいらないです。
実力がものを言う、ということを大方の投稿者はわかっていると思います。
(ただ、投稿数を限って、選を厳しくすると、ますます敷居が高く閉じた世界に
なってしまうような気もしています。どうしたらいいんだろう・・・)

それから、辰巳泰子さんのこと。
美しい、空気の柔らかい方でした。
枡野さんとのやりとりで、包容力をすごく感じました。
辰巳さんがいてくださって枡野さんのために本当によかった。
朗読もとても素敵でした。音楽のようでした。
短歌を読まれた方が羨ましい。
残念だったのは、『セイレーン』が私の前の人で売り切れてしまったこと・・・。
滅多に上京できないので、このチャンスにサインが頂きたかったです。
そして、御本なしに辰巳さんに話しかけることは小心者の私には無理でした。ざんねん。

辰巳さんが、加わってくださるなら、こんなに素晴らしく贅沢なことはないと思います。
どうか『かんたん短歌blog』がよいかたちで続きますように。

ありがとうございました。

(追記:枡野さんの日記や他の方たちの感想を拝見して、
わたしは何か的外れなことを言っているような気もしてきたのですが、
当日受けた印象ということで感じたとおり残すことにします。)

| Comments (5) | TrackBack (0)

2005.08.18

「愛」20

ごきぶりを退治できないきみと住む 愛でなくってなんなんでしょう(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.16

「愛」19

胸にある臓器のひとつ 愛 どうぞ傷つけないで傷つけないで(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」18

愛されて育ったんだね どうせならひどい仕方で振られたかった(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.14

「愛」17

手をかけて時間をかけた愛だって虫がついたりすることもある(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」16

雨降りや雷の日があったって愛していないわけじゃないのに(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」15

忘れたい愛もあります べたべたに甘いココアに砂糖を もっと(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」14

今朝はとても空気が澄んでいるみたい 愛してるって言ってみていい?(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.05

「愛」13

愛されている気がしてた でもほかの誰の手だって温かかった(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」12

愛なんて知らないけれど人間に体温があることはよかった(英田柚有子)

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.04

「愛」11

執着と愛が別物だとしてもわかったふうに言われたくない(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」10

薄まってすみずみにまで満ちている たまに帰ると愛に気がつく(英田柚有子)

| Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »