« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.26

「ドラえもん」8改

ドラちゃんの道具たちには惹かれるが 私は孤独を愛しているの(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」7改

ジャイアンが羨ましくて仕方ない 言いたい好きなものは好きだって(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」6改

ドラえもんを思い出さずに日が暮れた きっと僕らは幸せだろう(英田柚有子)

来週は講評がお休みとのことですが、ドラえもん改作分だけ投稿させていただきました。
講評が無い回は初めてなので、来週どんなふうになるのか楽しみです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.23

「ドラえもん」8

ドラちゃんは無いけど過不足ありません 隣の芝は青いものでしょ(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」7

ジャイアンの歌がいいなと思うのは抑圧されてる何かあるのだ(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」6改

ドラちゃんもひみつ道具も忘れてて君との日々は幸せでした(英田柚有子)

△ドラちゃんもひみつ道具も忘れてた 君との日々は幸せでした

枡野先生お誕生日おめでとうございます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」評その3

枡野先生から私の質問に関しての呼びかけと、評をいただきました。
とてもありがたいことです。
何人かの方に早速コメントをいただきました。ありがとうございます。
もし、いまここをご覧の方がいらっしゃいましたら、お手数でなければ「ドラえもん4」と「枡野先生教えて下さい」について、伝わる伝わらないを教えていただけませんでしょうか。
さらによろしければ、「ドラえもん」6−1、2についてもどちらが好きか教えていただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

いただいたお言葉。以下転載。

 さて。英田柚有子さんから、いい質問がありました。
 この質問には、私が答えないほうがいいですね。『かんたん短歌blog』を見ている大勢の皆さんから、「私には伝わった」「私には伝わらなかった」などと具体的なコメントをいただいたほうが作者のタメになると思います。
 正直、選者である私にも、そのあたりは時々わからなくなるのです。自作への反響を常に反芻しながら、「こういう書き方だと通じるんだな……」と日々学んでいくしかありません。
 皆さん、ぜひご協力ください。

ドラえもんのひみつ道具を思わずに過ぎる日々なら幸せだろう (英田柚有子)
 そんな英田柚有子さんの新作です。
 この作品には別バージョンがあって、

ドラちゃんを思わずにすむ 君といるときの私は幸せでしょう (英田柚有子)
 ってやつなんだけど、上と下、どっちがいいかは微妙ですね。
 上のほうが意図は明確です。でも下の歌のほうが主人公は幸せそう。
 上は他人事っぽい冷たさがある反面、「普遍性」はあります。でも説明的で色気はないかも。
 あなたはどっちが好き?
 上と下の長所を兼ね合わせたような、第3の案もありうると思います。推敲してみてください。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.16

「ドラえもん」6−2

ドラえもんのひみつ道具を思わずに過ぎる日々なら幸せだろう(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」6

ドラちゃんを思わずにすむ 君といるときの私は幸せでしょう(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラえもん」5

今朝の秋の気配はちょうどドラえもんのあのうす青に似ているようだ(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.13

枡野先生教えて下さい。


枡野先生、こんにちは。英田柚有子です。
タイムマシンの歌を取り上げていただいてありがとうございました。
自分で気に入っている歌だったので、うれしかったです。
この歌について、質問したいことがあります。

私はこの歌がもしかしたらわかりにくいかな、と思っていました。
タイムマシンが無いから(過去に戻ることもできなくて、日々生きて行くしかない。時間が経って)やっと笑えるしご飯もおいしくなってきたんだ。というようなことを考えて作ったのですが、括弧内を全て省略して、伝わるものなのか?それとももっと分かりやすく変えるべきなのかと考えていました。
今回取り上げていただいて、「ドラえもんなしで生きていく私たちには時間が必要。」とのコメントをいただいて、枡野先生には伝わったみたいだと思いつつも、私の意図したものよりもっと面白いことを想像されて、それで採って下さったのかもとの思いも消えません。
私の意図したとおり伝わっているか教えていただきたいのがひとつと、読む人の想像力に頼らないと伝わらない歌というのはやはり失敗作でしょうかという質問がもうひとつです。「意図をきっちり伝えることだけが短歌の面白さではないかもしれない」とどこかで書いていらしたのを拝見したおぼえがあり、このままでもよいかと迷っております。
お手隙の時にでも教えていただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

| Comments (4) | TrackBack (0)

2004.09.09

「ドラえもん」4

タイムマシンが無いからやっと笑えるしご飯もおいしくなってきたんだ(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

「ドラえもん」3

数学で5点を取った晩だけはのび太が他人と思えなかった(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.05

「ドラえもん」評その1

枡野先生に評をいただきました。うれしい。以下引用。

侍になりたいなんて言うくせにドラえもんなど欲しがっちゃ駄目 (英田柚有子)
 そりゃそうだ、侍はドラえもんぬきで生きなきゃね。

タケコプターがあっても今日の私には空は自由に飛べないみたい (英田柚有子)
 そうか、タケコプターがあってもうまく飛べない日はあるんだ。携帯があって話したくても話せない相手もいるしね。
 英田柚有子さんの名前は私のiBookに辞書登録しました。

がんばろうっと。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.01

「ドラえもん」2

タケコプターがあっても今日の私には空は自由に飛べないみたい(英田柚有子)

| Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »