« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

「ドラえもん」1

侍になりたいなんて言うくせにドラえもんなど欲しがっちゃ駄目(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.29

「愛」評その4

今回、枡野先生に評をいただきました。とてもとても嬉しいです。
もったいないので、以下に貼り付け。
ちなみに「めでたい」は「目出たい」の響きもねらいました。
10年も一緒にいられて幸せ、めでたいねみたいな気分が出せたらいいなと思いました。
うれしいです。

私たちもう10年も知り合いね 広がってきたおでこ愛でたい (英田柚有子)
 今週気になった人、英田柚有子さん。
 「広がってきたおでこも素敵」とかだったら無理してる感じで嘘くさいけれど、「……愛でたい」という言い方が優しさと正直さに満ちていて面白かったです。
 「……目出たい」という響きも重ね合わせているのでしょうか。

一段と仕事に行きたくありません 試しに言って愛してるって (英田柚有子)
 一見なにげないけれど、「一段と」および「試しに」という言葉は、これ以外ありえないほど考えぬかれている感じがします。
 前半と後半につながりがないようで、あるようで、その微妙さが面白かったです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.25

「愛」9

酔っぱらいのおみやげ いつも午前様のもしかしてあれが愛だったかも(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.24

「愛」8

一段と仕事に行きたくありません 試しに言って愛してるって(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.23

「愛」7

私たちもう10年も知り合いね 広がってきたおでこ愛でたい(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」6

「愛してる」たかが言葉があの時はなまなましくて怖くて逃げた(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

クイズの答え

新刊『もう頬づえをついてもいいですか?』のテーマが愛だから。
本屋で見かけて、わかった!と思ったけれど、もうどなたか書いているだろうと思って、自費で購入いたしました…。
まだぱらぱらしか見ていないのですが、うまく言えませんが、プロは違うということをとてもとても感じます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.14

「愛」5改

ナイトズーラシアの白い虎を見た 愛と生とに相関はない(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.12

「愛」5

ナイトズーラシアの白い虎を見た 愛されなくても生きてゆくから(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」2改

約束をしましょう 君を愛すのはもう止めにするまりもも捨てる(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.05

「愛」4

キムタクに似てると思ったくちびるも愛してました 思い出だけど(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

「愛」3

「愛してる」1回につき純真が1消えますがよろしいですか(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.03

「愛」2

阿寒湖のまりもみたいに愛したい とろりと浮かんで休みもします(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.01

「愛」1

神様に愛されている気がしない 私しばらく虹を見てない(英田柚有子)

| Comments (0) | TrackBack (0)

クイズ

「愛」テーマの歌集出版予定のため。でしょうか。
うーん、でも「結婚」のときと同じ理由でクイズにするってことはないか…。
単行本化するときの章立てを踏まえて。(テーマが全部揃ったときに分かる何かがある?)
わかりません。おとなしく自分で購入いたします。

ついさっき、間違って以前のお題の改作もしていないやつをトラックバックしてしまいました。ごめんなさい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ短歌

9時からラジオで、10時からテレビで見ていた。
三千何百も応募があって、枡野さんはそれら全てに目を通して、でもよいものはあれだけなんだとすると、本当にかんたん短歌はちっとも簡単じゃないのだなあと思った。
彼が良しとしないものについてはとても辛口だったし、でもなんだろう、あんなにきびしくきちんと見てくれるのなら心してトラックバックしなくちゃ太刀打ち出来ないやと思った。
かんたん短歌で普段見せてもらっている人たちの歌が紹介されていて、やっぱり上手、とおもって何だか嬉しかった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »